コリンズ登録・コブリス登録・テクリス登録

 

コリンズ・テクリスの目的

指名競争入札において、公共発注機関がより公正で客観的な評価・判断にもとづいて建設業者を選定することができるよう支援することを目的とした、共同利用可能な実績データベースとしてコリンズ・テクリスは開始されました。
入札参加資格として、コリンズ・テクリスに登録していることを条件とする発注機関が年々増加しています。

 

コリンズとは

コリンズ(CORINS)とは、「Construction Records Information System(工事実績情報システム)」の略称です(平成6年3月より開始)。

◎登録の対象となるもの

公共機関(国、独立行政法人、都道府県、政令市、市町村等)や、公益民間企業(鉄道、電気、ガス等)が発注した公共工事

 

テクリスとは

テクリス(TECRIS)とは、「Technical Consulting Records Information System(業務実績情報システム)」の略称です(平成7年4月より開始)。

◎登録の対象となるもの

公共機関(国、独立行政法人、都道府県、政令市、市町村等)や、公益民間企業(鉄道、電気、ガス等)が発注した調査設計業務、地質調査業務、測量業務、補償コンサルタント業務

 

コリンズ登録・テクリス登録の流れ

  1. 公共機関(国、独立行政法人、都道府県、政令市、市町村等)や、公益民間企業(鉄道、電気、ガス等)が公共工事・業務を発注。
  2. 受注した企業が当該工事・業務について実績データを作成。
  3. 受注した企業が作成した実績データをコリンズ・テクリスセンターのシステムへ登録。
  4. コリンズ・テクリスセンターが登録された公共工事・業務の情報をデータベース化。
  5. 発注機関が公共工事・業務を発注するに当たりコリンズ・テクリスのデータベースを活用し、建設業者の工事実績・業務実績を確認。

 

コリンズ登録・テクリス登録の種類

工事実績

  • 受注登録・・・工事を受注した際に行う登録
  • 変更登録・・・受注した工事に工期変更、配置技術者変更・請負金額変更等があった場合に行う登録
  • 竣工登録・・・工事が竣工した後に行う登録(完成した工事の実績として評価される)

業務実績

  • 契約登録・・・業務を受注した際に行う登録
  • 変更登録・・・受注した業務に工期変更、配置技術者変更・請負金額変更等があった場合に行う登録
  • 完了登録・・・業務が完了した後に行う登録(完了した業務の実績として評価される)

登録義務工事/業務と任意登録工事/業務

  • 登録義務工事/業務・・・発注機関から登録を義務付けられているもの(共通仕様書等に登録を指示する記載がある場合)
  • 任意登録工事/業務・・・発注機関からは登録を義務付けられていないが、受注者の判断で任意に登録するもの

 

コリンズ登録・テクリス登録が必要となる場合

登録をすることができる業者=公共機関から発注を受けた元請業者

※登録義務の有無は、発注機関が共通仕様書や特記仕様書で定めています。登録の必要性については発注機関にお問合せください。

1

工事実績

  • 1契約あたりの請負金額が500万円(税込)以上、2,500万円(税込)未満の工事

    原則として、受注登録・変更登録・竣工登録が必要です(発注機関が不要としている場合を除く)。
    (旧運用では、請負金額500万円以上2500万円未満の工事は受注登録しかできませんでしたが、平成21年8月18日より開始された新運用では、請負金額500万円以上2500万円未満の工事についても請負金額2500万円以上の工事と同様に変更登録・竣工登録が可能(施工中の工事も対象)となりました。
    ※500万円未満の工事は発注機関からの指示があっても登録できません。

  • 1契約あたりの請負金額が2,500万円(税込)以上の工事

    受注登録・変更登録・竣工登録が必要です。

2

業務実績

  • 1契約あたりの請負金額が100万円(税込)以上、500万円(税込)未満の調査設計業務、地質調査業務、測量業務、補償コンサルタント業務(建築関係業務は登録対象外)

      原則として、契約登録・変更登録・完了登録が必要です(発注機関が不要としている場合を除く)。
    (旧運用では、請負金額100万円以上500万円未満の業務は登録できませんでしたが、平成21年8月18日より開始された新運用では、請負金額100万円以上500万円未満の業務についても請負金額500万円以上の業務と同様に契約登録・変更登録・完了登録が可能となりました。また、補償コンサルタント業務についても新運用より登録可能となっております。)

  • 1契約あたりの請負金額が500万円(税込)以上の調査設計業務、地質調査業務、測量業務、補償コンサルタント業務(建築関係業務は登録対象外)

    契約登録・変更登録・完了登録が必要です。

 

ご依頼に必要となる書類

  1. 履歴事項全部証明書の写し(内容に変更がなければ古いものでも結構です)
  2. 御社ご担当者の名刺の写し
  3. 建設業許可通知書の写し
  4. 建設業許可申請書の写し(新規申請書または直近の更新)、並びに別紙一、別紙二(1)、別紙二(2)の写し
  5. 工事契約書及び内訳書の写し
  6. 工事場所の地図の写し
  7. 発注者(役所等)のご担当者の名刺の写し

 

コブリス登録

 

コブリスの目的

「建設工事に係る資材の再資源化に関する法律(建設リサイクル法)」の公布(平成12年5月31日)を受け、循環型社会の構築を目的として「建設副産物情報交換システム(COBRIS)」の全国運用が平成14年度より開始されました。

 

コブリスとは

コブリス(COBRIS)とは、「Construction Byproducts Resource Information interchange System(建設副産物情報交換システム)」の略称です。

◎登録の対象となるもの

①以下の対象副産物を材料とする再生資材を再資源化施設より搬入する場合

  • コンクリート塊
  • アスファルト・コンクリート塊
  • 建設発生木材
  • 建設汚泥
  • 建設混合廃棄物

②以下の対象副産物を再資源化施設または最終処分場に搬出する場合

  • コンクリート塊
  • アスファルト・コンクリート塊
  • 建設発生木材
  • 建設汚泥
  • 建設混合廃棄物

 

コブリス登録の種類

  • 新規ユーザー登録
  • コブリス登録(計画)
  • コブリス登録(実施)
  • コブリス変更登録
ご質問はこちら手続費用はこちら